アジアの中古車事情

1. 中国
商業目的の中古車輸入は原則できません(商務部「自動車貿易政策:2005年16号令」第7章 第37条)。長期滞在駐在員の個人用として1台に限り持ち込むことが認められますが、これも左ハンドル車に限られ、右ハンドル車の公道の走行は禁じられています。
ジェトロ: 中国 貿易管理制度
2. タイ
中古車ビジネスとしての輸入は事実上不可能です。国内産業保護育成と環境汚染抑制の観点から中古車は「輸入許可取得必要品目」(全19品目)の一つとされ、かつ新車と同様、規格基準への適合(車両重量3,500kg以下)が求められます。関税を含め厳しい輸入条件が課せられており、輸入許可の条件は主に個人用、政府関係、再輸出目的に限られます。
ジェトロ: タイ 貿易管理制度 
3. インドネシア
中古車の輸入は認められていません。中古車の輸入は2007年2月28日以降、いったん停止(2006年12月29日付商業大臣文書第1311号)となり、その後、中古財の輸入に関わる商業大臣令(57/M-DAG/PER/12/2008)が公布されましたが、輸入可能な中古財リストに自動車が掲載されていないためです。
ジェトロ: インドネシア 貿易管理制度 

引用元

http://www.jetro.go.jp/world/asia/idn/qa/01/04J-101001

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です